浮気調査をする意味とは

subpage01

パートナーの浮気を疑った時に、言い逃れない証拠を確保するために行うのが浮気調査です。


既婚者の浮気は法律上で不貞行為と言い、離婚事由に該当し、またパートナーや不倫相手に対しての慰謝料請求が可能です。

しかし、パートナー自身が浮気を認めれば証拠は必要ありませんが、認めない場合は法的効力を持つ証拠がないと離婚や慰謝料請求は難しくなってしまうでしょう。

そのために浮気調査を行います。
浮気調査を行ってくれるのは探偵または興信所です。
しかし、どの探偵事務所でも一様に同じではないので、実績があり信頼できる事務所に依頼するようにしましょう。

探偵が調査した証拠は、法的効果を持つ書類としてまとめられクライアントに提出されます。


これがあれば離婚裁判も有利になりますし、慰謝料請求の金額アップも期待できるかもしれません。


また、この証拠は3年間有効です。
よって、今すぐにどうこうするつもりがなくても証拠さえ確保しておけば、3年以内ならパートナーの浮気を理由に離婚や慰謝料請求をすることは可能です。
気になるのは調査費用ですが、これは探偵ごとに異なるので一概にいくらかかるとは言えません。
そのため、まずは複数の探偵事務所から見積もりを出してもらい、比較をした上で検討しましょう。

ちなみに、自身でパートナーが浮気をしている時間や場所の情報提供ができれば、探偵の調査の手間をいくらか省くことができるので、その分の費用が削減できます。

















関連リンク

subpage02














オプションによって異なるケータリングの料金

ケータリングのサービスは多様化しつつあり、それに伴い料金の幅も様々に設定されるようになりました。従来のケータリングといえば指定した場所に食事を運ぶだけのサービスであり、メニューもある程度決まった範囲内でしか選べなかったのですが、最近になりますとメニューも多様化しており、和洋折衷はもちろんのこと、カロリーを抑えた健康志向のものであったりと消費者の趣向に合わせて数多く取り揃えられるようになりましたし、パーティーなどを開催する場合は会場の設営から運営、片付けまですべての処理を依頼することができるサービスもあります。...

NEXT
subpage03














ケータリングの料金に関わる料理と飲み物の量

ケータリングを依頼することによってパーティー等の料理を準備する際には、参加費や経費から供給できる費用と実際にかかる料金とをよく考えることが必要です。規模が大きくなるほど料理や飲み物の手配についての分量が予想しづらくなりますが、パーティーのような場で食べ物が不足してしまうことは手配した人材の評価に悪影響を及ぼしかねません。...

NEXT